アジアドラマを一押し

一番見て良かったドラマは「君は僕の談判官 」です。飛行機でシャオフェイはエコノミー席に座ったらめまいと全身が痛くなるのです。飛行機でウェイに遠慮してシャオフェイがファーストクラスを選ばなかったのです。ウェイは金持ちが欠点といって優しく励ますのです。

ティエンユーがウェイとシャオフェイを迎えに来るのです。ツイ・シーに聞いて時間が分かったのです。シャオフェイはティエンユーの車を嫌がってウェイが嫉妬してるのに気づくのです。シャオフェイはホテルではなくウェイの家に行ってホテルに泊まるお金がないのでそこで叔母に茶碗がないと言ってわざと冷たい態度を取ってシャオフェイを食事の時に怒るのです。

ルオ・ビンに対してソン・ハオジエは父親の仕事の提携の件を持ち出してシャオフェイの事を追い込むのです。シャオフェは怒ってソン・ハオジエと芝居を続けろというのです。シャオフェイは友達に泊めてもらうはずが行く場所がなくてティエンティエンを夜中に呼び出すのです。

スン・ハオが気になるティエンティエンは夜中に夜食を食べにいってギターで弾きたいといってシャオフェイに気になる相手として連絡先交換をしてもらって手伝ってもらうのです。パンがおいしいと言うのです。

梅雨のカビ・雑菌対策は、湿気との戦い

何かと忙しかった春も、いつの間にか終わりを迎えようとしています。

風の臭いは、新緑の香りが強くなったように思えます。

気温は日増しに高くなり、近頃では“夏”という言葉が頭に浮かぶようになりました。

しかし、その前に梅雨対策を考えなくてはいけませんね。

不快な生活環境に加えてカビや雑菌の繁殖、食中毒の懸念など、一年で最も厄介な季節の変わり目と言えます。

毎年の事ながら、梅雨対策の問題は頭を悩ませるものばかりです。

少しでも油断するようものなら、容赦なく襲い掛かってくる梅雨ならではの攻撃は、私たちの生活に大きな打撃を与えてきます。

肌に感じる不快感は我慢できても、カビや雑菌には待ったが効きません。

どのようにして、カビ・雑菌の繁殖を抑えることが出来るのかが、梅雨時の一番の課題になります。

湿気が菌の大好物ならば、その湿気を除去することを考えなければ良いことです。

室内各所に除湿材や乾燥剤を設置することと、換気を上手に行い空気の循環を心がけることです。

ここで、ちょっとしたアイデアを。

毎朝読んでいる新聞の再利用です。

何枚かをクシャクシャに丸め、部屋の隅に置きます。

この新聞紙が意外な効果を発揮して、思った以上に湿気を取り除いてくれるのです。

また、木炭にも除湿効果が有るのでお試しください。

浴室などのカビ対策は…「こまめな換気」・「こまめな掃除」・「入浴後は、こまめな水滴の拭き取り」に限ります。

梅雨のカビ・雑菌対策は、湿気との戦いです。

油断することなく、地道な対策で頑張りましょう。