保湿大魔王 参上!!

まず私が常日頃から声を大にして言っていることは「保湿は大事だよ!!」ってことです。
さっそく自慢ですが若い時からよく肌がキレイと言われてます。
「え~何もしてないですよ~」とか芸能人みたいなことは言いません。ちゃんと努力しています。

ビューティークレンジングバーム

それが保湿です。高い化粧品をもったいぶってちびちび使うのではなく安いものでもいいからたっぷり使う。そしてそれをちゃんと毎日続ける。
これが私の美容法です。
化粧水もびゃっとかけるのではなく数分でいいから丁寧に包み込むように浸透させる。夏の暑い時ですぐ汗かいて肌がしっとりしてるように見えてもちゃんとケアする。
これが大事だと豪語しています。

にもかかわらず何もトラブルがないかといえばそんなことは全くなく、歳を重ねるにつれ増えるシミ、しわ。泣きそう・・
確かに今となってはお肌のお手入れをしっかりやるのが自分のステータスくらいになってますが高校生くらいまでは日焼け止めも塗らずに外出てました。プールも大好き。「お母さん!小さい私に日焼け止め塗ってよ~(:_;)」と恨み節を言いたくなるくらい日焼け止めなんて塗ったことありませんでした。
その反動がいつの間にか気づかぬうちにシミとなって現れていました。普段のお手入れでシミを増やすことは抑えられても減らすことは難しいので、外で遊ぶ元気な子供だったんだな、と子供のころの自分を懐かしむことであきらめています。

もう一つの大敵しわ。
肌のハリがなくなるにつれ増えていくしわ。笑った時の目の周りの小じわはおぞましいくらい。またほうれい線も深い深い。マスクで口元隠れてるときにはまだまだ若く見えるじゃん!と自画自賛してますがマスク取った時の顔と言ったら・・鏡で自分の顔を見るたびにテンション下がります。
これは仕事で下を向く機会が多いことやあまり話す機会の少ない仕事のため口元が下がってきてより深くほうれい線が刻まれているのだと思います。

これにはトイレの個室でひたすら顔面体操あ・い・う・え・お
しわにファンデーションもたまるのでしょっちゅう指でたまったファンでをなじませて、口角を上げるように意識。
乾燥もしわの原因ということから保湿も更に頑張るのであります。保湿大魔王です。
これで問題が即座になくなるわけではありませんが少しでも劣化の進行を食い止めるため日々精進です。