Bカップの胸がコンプレックスだった私

私は学生の頃、CカップやDカップの胸の友達がとても羨ましくて仕方がありませんでした。
ブラジャーから見えるふっくらとした谷間、とても女性らしいです。Bカップの私は胸を無理矢理ブラジャーで寄せてやっと谷間が出来るかな?という感じでした。

ナイトブラハグミーの効果と口コミ!3ヶ月間Hugmeを使った結果…!

そんなある日、高校の教室で女子達が体操服に着替えていると、仲良しの女の子達と胸の話になりました。
一人、何でもズバズバと言うタイプの女の子が私の胸の辺りを触ると、「えっ、ふかふかしてない!?なんで!」とかなり驚かれ…。その反応がとてもショックでした。

そんな彼女はDカップあり、触らせてもらうとふかふか・ふんわりした手触り…。(これが女の子らしい胸なんだ・・)と思うとなんだか自分の胸がコンプレックスに感じてしまいました。

Bカップの私の胸。そんなに気にする程でもない平均的なサイズだとは頭でわかっていても、やはりDカップの胸の手触りとは大きく違います。
家でため息をつきながら全身鏡を眺めることが増え、ネットで「バストアップ 食べ物」「バストアップ ストレッチ」など検索してばかりになりました。

谷間を作るブラなどは、肌の弱い私はそのブラジャーだと皮膚が荒れてしまい日常的に使うことは出来ませんでした。
そんな私は、当時付き合っていた彼に、胸が小さいことがコンプレックスだと伝えてみました。

彼は、「胸なんて、人それぞれだしそんなに気にしなくても大丈夫。それにBカップのほうが着やすい服が多いんじゃないかな?」と言ってくれました。
その言葉にはっとしました。確かに、この胸で洋服に困ったことはありません。
あんまり気にして、僻みっぽくなるほうが良くないのかな、と感じた私は、それ以来胸の事をあまり気にしなくなっていきました。
ファッションについて勉強し、小ぶりな胸をカバー出来る着こなしも楽しめるようになったので、今ではBカップで良かったかもと感じるようになりました。