頭皮のにおいが気になる

私は、もともと汗をかきやすく、「わきが」はもちろん、靴を履いた後の足のにおいもきつめの体質です。制汗剤は全く効果がなく、汗拭きシートを何枚も消費します。足については、もうどうしようもなく、クリームやスプレーを使ってもきついにおいが残ってしまいます。

その中でも特に気になっていたのが、頭皮のにおいです。髪質は細めで癖毛、毛量少なめです。頭皮は、お風呂から上がってすぐは問題ありませんが、すぐに脂でべたべたとしてしまいます。ですので、髪はいつもべたべたしてぺちゃんこな状態です。

http://www.redmayacasfa.org/

においに関しては、ずっと気にしていなかったのですが、ふと髪を触った後の手のにおいを嗅いだ際、「もしかして、私の頭くさいのでは・・・?」と感じました。これはかなりショックでした。

当時中学生だった私は女子校に通っており、友人と近い距離で会話をしたり、時にはじゃれあったりしていました。また、体育祭や文化祭といったイベント時だけでなく、日常的にお互いの髪をいじってヘアアレンジなどもしていました。

つまり、友人に私の髪や頭皮のにおいを嗅がれている可能性があるということ・・・。

友人の髪や頭皮からはいつもシャンプーやコロンの香りがしていたので、まさか自分の頭皮が匂っているとは考えもしませんでした。

気づいたその日から、頭皮のにおいケアを試みました。
まず手始めに、頭皮をさっぱりさせるスプレーを購入。
こちらはスプレーした瞬間は、しゅわしゅわと清涼感がありますが、敏感肌の頭皮には少々刺激が強く、荒れてしまいました。

コロンなども試しましたが、汗と脂でべたべたしているところに香水をつけても、ひどい臭いに悪化します。

市販の頭皮ケアではなかなか効果が出なかった中、最終的に効果があったのは、育毛剤とシャンプー方法の改善でした。

まず、育毛剤ですが、薬局で売っているかゆみや赤みなどを抑える効果のあるものを選びました。もともと頭皮が荒れやすく、しょっちゅう頭皮を掻いてしまっていましたが、育毛剤の使用により、かなり改善されました。

次にシャンプーの仕方の改善です。おそらく、この試みが最も効果があったと思います。具体的には、頭皮の「においが発生しやすいところ」を意識的に洗うようにしました。
一般的に、においが発生しやすいところは「耳の後ろ」と「後頭部(うなじの上くらい)」です。ここを集中的に洗うことを1週間ほど続けました。

まず、意外と自分では洗ってるつもりでも、この2つの部分はあまり洗えていなかったことがわかりました。そして意識的に洗うようになったことで、べたつきがかなり改善されました。
結果、頭皮が清潔かつ健康的に保たれるようになり、においが気にならないようになりました。

さらに、においが気になりやすい疲れているときや、アウトドアで汗をたくさん流した時でも、もともとの頭皮がきれいに保たれているおかげで、においがひどくならなくすむようになりました。