ポーズだけでも口臭スプレーやブレスケアを試みる

「口が臭い」というレッテルは、他にどんな優れた面があっても、なかなかに手痛いマイナスなもの。出来ればそんなレッテルは貼られたくありませんから、何かしら口臭対策を行いたいものです。とはいえ、口内環境や、体内環境といった深層的な部分の問題にまで、即座に対処するのはそう簡単ではありません。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

とりあえずは、食事の後や、人と会う前などには、口臭スプレーを吹きかけてみたり、ブレスケアになるガムなどを噛んでみたりしてみるのが良いでしょう。必ずしも効果が十分でなかったとしても、そのような形でケアをしている様子を見せるだけでも、一定の意味があります。人間というのは、事実以上にイメージに引っ張られる生き物ですから、いかにも臭そうな人は、それほど臭くなくても「あの人臭い」などと言われてしまうものです。

あまり過度にやると逆効果になりますが、嫌味でない程度に口臭スプレーなどを使っている様子を見せておけば、「あの人はきちんと気を遣っている」というイメージがつきますから、それだけで臭い部類にカテゴライズされる危険性を少しは解消できるというものです。それに、根治にはならないといえども、口臭スプレーなどを使えば確実にその場はしのげますから、ポーズ兼積み重ねという意味でも、日常生活に取り入れてみると良いでしょう。