年齢だから仕方がないけれど、どうして白髪が増えるのでしょう

アラフォーになってから白髪が少しずつ気になり始めました。それまではツヤのある黒髪が自慢でしたから、余計にショックでした。黒髪に白髪はかなり目立ちます。気になり始めてからは、少しでも目立ちにくくするために、カラーリングをして、なるべく目立ちにくくしていました。

悪い口コミは本当?ボタニカルエアカラーフォームの感想を辛口評価でお届けします!

もちろん、オシャレ用のカラーリング剤ではなく、白髪用のカラーリング剤を使っています。最近は意外とパッケージを華やかで、それらしきものを購入している雰囲気なく手に取れる商品も多く、そこが少しでも若くありたい、微妙なお年頃のアラフォーには助かるところです。

それでも私は白髪が少ない方らしいです。体質や遺伝的なものもあるのでしょうか。白髪がなぜ多い時と、あまり気にならない時があるのだろうと、ふと頭をよぎりました。年齢的なものは、髪も老化するのでしょうから仕方ないとは思うのですが、それにしてもちょっぴり理由が気になり調べてみました。

どうやら生理が重い人や鉄欠乏性貧血の人は白髪が増える傾向になるらしいです。生理こそ、昔は重かったものの、今ではそう気になることはありませんが、何を隠そう私は2年に1度は注射で貧血の治療を行っているほどの、鉄欠乏性貧血です。母もそうですが、遺伝的に鉄分不足に陥りやすく、疲れた時などは鉄分が多く入った栄養ドリンクを飲んでいるくらいです。なるほど、と思いました。

生理期間や貧血がひどくなった時のバロメーターだと思えば、少しは白髪による心のダメージも少なく感じられるでしょうか。もっとも、これだけが理由ではありませんが、白髪が急に増え始めた時などは、一度貧血の症状があるかないか、疑ってみても良いかもしれません。