首のイボについて考える

気がつけばいつのまにか首にイボができているなどの体験をされた方、紐でしばると取れるのでは?そんなことを考えておられる方も多いのではないでしょうか。首イボのことを掘り下げてみます。

シロジャムを購入して3ヶ月間

イボは皮膚科にいくのはなんだかなぁという方も少なくないのではないかと思います。皮膚科にいっても待ち時間があったり、開いている時間帯になかなかいけなかったりするかた、なによりなんだか恥ずかしいと思ってしまう方、お金をなるべくかけたくないなどたくさんの理由がでてきます。

実際に皮膚科など病院にいったりしてもレーザーで焼いたり、ハサミで切ったり、ピンセットでつまんだりなどと原始的な方法でも治療がされるので、それなら自分でやったほうがいいのではないかと思ったりもします。

消毒などがあるので、余裕がある方は皮膚科に行けばいいのではないかと思いますが、時間的にも金銭的にも余裕がない方も少なくないと思いますので、そういう方には自宅での治療をされる方も少なくないのではないでしょうか。

イボについてですが、まずイボには良性と悪性があるようです。良性のものなら自分で治療するのもひとつではと思います。

ただし、ウィルス性などのイボの場合、感染する可能性もなくはありません。紐で縛って取るとウィルスが他の場所に感染して増殖する可能性があります。ウィルス性でないことや、悪性の場合は皮膚ガンにつながることもあります。そうではなく良性であるならやってみる価値はあるのではないでしょうか。

ほくろなどにも良性と悪性があります。ひとつの見分け方として大きさです。異様に大きなものであったり色が尋常じゃなかったりするとちょっと注意が必要かもしれませんね。