薄毛の娘を見かねて、母がくれた物

子育ても一段落し、やっと自分の顔を鏡でゆっくり見られるようになった30代後半の主婦です。肌の衰えももちろんですが、より気になったのは髪のトップがなんだか寂しい気がする・・・。白い地肌がくっきり見えてそれが元でとても老けて見えました。ベルタヘアローションの悪い口コミ

少し自分にも手を掛けてあげないと、とはじめたのは、カラーリングです。明るめの茶色にし、地肌を目立ちにくくしました。が、髪が伸びてくるとまたすぐ目立つように・・・。髪の長さは肩のあたりで、邪魔になるとよく一つに結んでいましたが、ショートボブにし髪をふんわりさせることにしました。

ですがこれが自分で維持するのが非常に難しい。美容室では頭皮が固いからマッサージすると良いと聞き、夫が使っている頭皮マッサージ用のブラシをお風呂に入りながらコッソリ使ったり、あの手この手で薄毛対策をしてみました。

しかしマッサージは良いと分かっていても、すぐ結果がでないのでどうしても飽きてしまいます。そんな愚痴を実家の母にしていたら、「これ巻いたら?」とある物を見せてくれました。それは母が若かりし頃使っていた「カーラー」でした。母は20代頃から薄毛だったらしく、カーラーを愛用していたそうです。親子揃ってカーラーのお世話になるとは・・・。でもこれがまた手っ取り早く髪のボリュームを出せるので、今では重宝しています。