夕食前に長すぎる空腹時間は作らない

ダイエットにおいて、夕食前に長すぎる空腹時間は作るべきではありません。

なぜなら、太りやすくなるからです。おすすめの着圧レギンスをランキング

体の代謝の仕組みとサイクルは、日の出と共に目覚めて、日の入りと共に寝るという何世紀も前の人間の生活に合わせた「概日リズム」となっており、100年程度の生活の変化で変わる物ではありません。

起床時間は変わったとしても、朝食は目が覚めてから仕事に手を付けるまでの間に、昼食は昼休みの間かその前後とだいたい決まっています。

しかし、学校や仕事などで家庭を離れている人の場合、夕食が遅くなりがちです。

そうなると、昼食と夕食の時間が開き、空腹時間が長くなることになります。

空腹感は、胃で感じる物ではなく、脳で感じる物です。

脳のエネルギー源となっているのはブドウ糖だけで、ブドウ糖を多く含んでいるのは糖質(炭水化物)です。

ですから、空腹感を紛らわすには、甘いお菓子などを食べるのが効果的です。

適度に甘い物を食べてから夕食まで1時間ほど保たせれば、夕食で食べた物の吸収および消化には影響を及ぼしません。

しかし、夕食までの空腹時間が長期に亘ると、多くの栄養を吸収しようと胃液がたくさん分泌されて消化が進み、同じ量の食事を食べても太りやすくなってしまうのです。